TV

アレックストレベックの娘ニッキーは父の癌にどんな思いだったのか?

アレックス トレベックの娘ニッキーは、2年前に癌の診断を発表した父を振り返ります。

「彼の闘病中の勇気と誠実さを誇りに思っている。」とニッキー トレベックは語りました。

 

ニコラス ライス著

2021年3月6日午後2時45分

 

アレックス トレベックの娘、ニッキー トレベックは、父親の人生における極めて重要な瞬間を思い出しています。

前妻のエレイン トレベックの娘であるニッキーは、土曜日、彼女の父親が2019年のジェオパディ!の放送中に膵臓癌と診断されたと発表してから2年が経ったことを振り返りました。

ニッキーは、有名な 父と一緒に写った自分の写真を、ハッシュタグ「# missingyoueveryday」でキャプションの投稿を始めました。

「ジェオパディ!の放送で、父がカメラの前に勇敢に出て、膵臓癌と診断された事を発表したのは2年前の今日です。」と彼女は言いました。

「彼はこの恐ろしい病気についての認識を広げ、多くの病気に苦しむ人々に希望を与えました。闘病中の彼の勇気と誠実さを誇りに思っています。」

「それで、私は彼が始めた運動を引き継ぎ、膵臓癌に侵されたすべての人のために戦うつもりです。」とニッキーは続け、彼女のフォロワーへ膵臓癌行動ネットワークに寄付するよう呼びかけました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nicky Trebek(@nickytrebek)がシェアした投稿


2019年3月、多くの人々に愛されるジェオパディ!スターは、長年のテレビのゲーム番組シリーズで、ステージ4の膵臓癌と診断された事を明らかにしました。

「みなさん、こんにちは。皆さんと共有すべきニュースがあります。それは、ジェオパディ!のファンに対してオープンで透明性を保つという私の長年の方針に沿ったものです。また、私の健康に関する誇張された、または不確実な情報が広がる事を防ぎたかったのです。」と述べました。

「それで、私はこの情報を自らが伝えるべきだと考えたのです。今、毎年全米で5万人の人がステージ4の膵臓癌と診断されているように、今週私はその診断を受けました。」と続けました。

当時、長年にわたって勤めてきたホストは勇気を持って病気と「戦う」事を誓い、そのゲームショーに取り組み続けると述べました。

11月8日に80歳で亡くなったトレベックは、生涯に渡って恩返しをすることを約束し、

様々な慈善団体や 大義との関係を築きました。


ニッキーは父の死後、様々な場面で彼に敬意を表してきました。

1月、ニッキーは彼の最後のジェオパディ!を見て行動を起こしました。アレックスが最後に舞台に上がった特別な瞬間を記念して、インスタグラムでいくつかの投稿をしました。

「ジェオパディ!永遠に!」と彼女はフェイスブックに投稿し、後にインスタグラムにも追加し、写真に「あなたは並々ならぬ素晴らしい人だった!!!」とキャプションを付けました。

それから、先月、ニッキーは別のソーシャルメディアでの投稿で、父アレックスの死から3ヶ月が経ち、彼を偲んでいます。

「2月8日で 3か月が経ちましたが、悲しい思いを投稿するのではなく、私は楽しさを選びます。」と彼女はABC ショーのクイズのパネルを両手で指している父の写真の画像にキャプションを付けました。

「これは、何回彼が正しい答えをひきだそうとしてやったのだろうと思っていつも笑っています。」

 

■参考記事

https://people.com/tv/alex-trebek-daughter-reflects-on-her-father-announcing-his-cancer-diagnosis/

※Google翻訳をベースに読みやすくしております。表記やニュアンスに違いがある場合ございます。

この記事も読まれています

ストレングスファインダー 1

皆さんは自分の強みが何かすぐに伝えることができますか? 正直、私は「自分の強み」が何なのか答えることができません。 仮、 ...

無料音源 2

この記事では ポイント ・無料の音源サイト(8サイト) ・有料の音源サイト(6サイト) をご紹介していきます。 &nbs ...

-TV