男優

アーノルドシュワルツェネッガーの息子は?父親を彷彿させる筋肉がすごい!

ジョセフ・ベーナは、父アーノルド・シュワルツェネッガーが若い頃のボディビル時代にそっくりになりました。

彼は膨らんだ筋肉を披露し、新しい写真を撮っています。

アーノルド・シュワルツェネッガーの息子、ジョセフ・ベーナ(23歳)がショートパンツを履いてムキムキをアピール

アーノルド・シュワルツェネッガーは、息子のジョセフ・ベーナをとても誇りに思っていることでしょう。

この23歳の息子は、父親の跡を継いでボディビルの世界に入り、元ミスター・ユニバースの父親を彷彿とさせる存在となっています。

そのペパーダイン大学の卒業生は、彼が3月5日に公開したInstagramの写真で、プロのようなポーズをとれるのだということを披露しました。

膨らんだ太ももの筋肉をできるだけ見せるために、超ショートのパンツを履いています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joseph Baena(@projoe2)がシェアした投稿

ジョセフは、大学時代の後半から数年間、地道にボディビルに取り組んできました。

彼は競技用のポーズをすべて芸術的に表現しています。

ジョーは男子ボディビルの大会で、最も有名で必須ポーズの一つである、腕を上に丸めたフロントダブルバイセップスのポーズを披露しました。

そのおかげで、ジョセフは上腕二頭筋だけでなく、信じられないほど引き締まった太ももを鍛えることができました。

彼は、グレーの紐付きのパンツをめくり上げて、太ももの大きな筋肉が見えるようにしていました。

 

ジョセフは次に、競技に必要なもう一つポーズであるサイドチェストのポーズをとることができます。

カメラに向かって左側に立ち、胸を前に向けることで、印象的な胸筋に加え、引き締まった三角筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋の外側を見せています。

 

象徴的なウェイトリフティングのチェーンであるゴールドジムの店内では、壁に貼られたポスターのボディビルダーたちと同じように、ジョセフがムキムキな姿を見せていました。

奥の壁には、ジョセフの父アーノルドが1970年から1980年の間に7回も優勝したコンテスト“ミスター・オリンピア”のタイトルが書かれていました。

 

俳優でボディビルダー仲間のショーン・ペリーは、「ワオ、ジョーは素晴らしいよ。本当に努力しているのがわかるよ!」とコメントすると、ジョーは誇らしげに「Yessirrr」と答えていました。

また、元カリフォルニア州知事のボディビル全盛期に活躍した父アーノルドのようになったと評する人もいました。

ファンの@jessyj318さんは「間違いなくお父さんの息子だ」と指摘し、ユーザーの@marko018754さんは「@projoe2君はますますお父さんに似てきたね」と言っていました。

また、ファンの@nazaketaliismaeelさんは、ジョセフさんを「ネクスト・アーノルド・シュワルツェネッガー」と呼び、ファンの@patricksimkamさんは、アーノルドが映画スターとしてのキャリアをスタートさせた1982年の映画の役をリメイクして、「新しいコナン・ザ・バーバリアンになればいいんだ!」とジョーさんに伝えるなど、素晴らしい映画のキャスティングアイデアを披露してくれました。

ジョセフは確かにその体格と有名な父に似た顔も持っているので、無理なことではないでしょう!

 

■参考記事

※Google翻訳をベースに読みやすくしております。表記やニュアンスに違いがある場合ございます。

この記事も読まれています

ストレングスファインダー 1

皆さんは自分の強みが何かすぐに伝えることができますか? 正直、私は「自分の強み」が何なのか答えることができません。 仮、 ...

無料音源 2

この記事では ポイント ・無料の音源サイト(8サイト) ・有料の音源サイト(6サイト) をご紹介していきます。 &nbs ...

-男優