セレブ

ヘンリー王子とメーガンマークルは何を話したの?衝撃の内容は?

ウィリアム王子は、王室は「人種差別主義者の家族ではない。」と主張、そしてヘンリーと話をしたかを明らかにしました。

 

ヘンリー王子とメーガンマークルのインタビュー内容は?

ウィリアム王子は3月11日、ヘンリー王子とメーガンマークルのオプラウィンフリーとの爆弾インタビューについて 沈黙を破りました。

ウィリアムはスカイニュースの記者に、そのインタビューが3月7日に放送されて以来、まだ弟と話をしていないと語ったが、「そうなる」と言いました。

記者は、ヘンリーとメーガンが、インタビューの中で主張したうちのひとつについて、ウィリアムの家族が人種差別主義者なのかどうか率直に 聞くと、彼は、「私達は、全く人種差別をする家族ではありません。」と答えました。

 

その率直な質問は、ヘンリーとメーガンがオプラに、アーチーが生まれる前、最初に生まれる子供の肌がどのような色になるかについて王室に懸念があったと語った事を受けて出たものです。

メーガンは、母親がアフリカ系アメリカ人、父親が白人です。

ヘンリーが王族としての職務を離れた理由について、人種差別が大きかったとしています。

ヘンリーは、彼の祖父母であるエリザベス女王と、フィリップ殿下がアーチ―の肌が何色になるか言及した人物ではないと断言する一方、父親のチャールズ王子と、兄のウィリアムがに加わっていたかどうかは、明言を避さけました。

 

インタビューの中で、ヘンリーは、彼とメーガンが1年以上前に北米(最初はカナダ、次にカリフォルニア) に引っ越して以来、父と兄との関係に緊張が高まっていることをほのめかしました。

彼は、チャールズ皇太子が彼の電話さえ受けていなかった期間があったことを認めました。

「そこを乗り越えるには、たくさんの事がありました。」と述べました。

「彼は自身も似たような事を経験しているので、本当にがっかりしました。

彼はその痛みがどのようになものかを知っており、アーチーは彼の孫です。

もちろん、私はいつも彼を愛していますが、関係には多くの傷が生じてしまい、私はそれを癒すことを私の優先事項の1つとしています。」

 

ウィリアムについては、ヘンリーは兄を「少しずつ」愛していると述べたが、彼らの現在の関係は、「現時点では距離がある。」と明言しました。

彼は、「時間がすべて解決くれる事を願っています。」と付け加えました。

一方で、ヘンリーもメーガンも、アーチーの肌の色についての会話に誰が加わっていたのか、その名前をいうことを拒みました。

「それは彼らにとって大きなダメージとなるでしょう。」とメーガンは断言しました。

ヘンリーは、後に「その会話を決して公表つもりはありません。

その時、気まずかったですし、少しショックでした。」と加えました。

 

■参考記事

Prince William Insists Royals Are ‘Not A Racist Family’ & Reveals Whether He’s Spoken To Harry

※Google翻訳をベースに読みやすくしております。表記やニュアンスに違いがある場合ございます。

この記事も読まれています

この記事では ポイント ・無料の音源サイト(8サイト) ・有料の音源サイト(6サイト) をご紹介していきます。 &nbs ...

-セレブ

© 2021 Trevery