漫画

「俎上の鯉は二度跳ねる」漫画ネタバレ!映画化でのタイトルは?

2020年4月18日

俎上の鯉は二度跳ねる

 

「窮鼠はチーズの夢を見る」が2020年6月5日に全国公開で映画上映される事になりました。

※新型コロナウイルスにより延期になりました。新たな公開予定日は決定し次第告知されます。

 

原作として

【窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る】と【俎上(そじょう)の鯉(こい)は二度跳ねる】という漫画の題名が連なっています。

 

「俎上の鯉は二度跳ねる」の話も劇中に入ってくるということですね!

ここでは、その劇中に入ってくるであろう「俎上の鯉は二度跳ねる」の漫画のネタバレを紹介します!

 

U-NEXT初回特典の600ポイントで漫画「俎上の鯉は二度跳ねる」無料で見られます!

▼ 31日間無料トライアル実施中! ▼
期間内に解約すれば金額0円!!

無料で「俎上の鯉は二度跳ねる」を見るはこちら

 

U-NEXT解約・退会方法はこちら

U-NEXT解約方法はこちら

 

漫画「俎上の鯉は二度跳ねる」とは(概要)

著作:水城 せとな先生

ジャンル:BL(ボーイズラブ)

 

「窮鼠はチーズの夢を見る」という同著作の水城せとな先生が描かれた漫画の続編として読む事が出来ます。

 

自分が確実に愛されているという保証のもと生きられる事が一番重要な事だと思っている恭一と 、一途に恭一を愛し続けている今ヶ瀬。

お互いを思う気持ちの温度差が少しづつ二人をすれ違わせていく…

 

「俎上の鯉は二度跳ねる」タイトルの意味は?

*◆そじょう‐の‐うお〔ソジヤウ‐うを〕【×俎上の魚】 の解説

《料理されるためにまないたにのせられた魚の意から》相手のなすに任せるより方法のない運命のたとえ。

まないたの鯉 (こい) 。=goo辞書より出典=

 

◆鯉は

鯉 と 恋 を掛けているのかな?と推測しました。

 

◆二度跳ねる 

二度抵抗する、二度もがく。という意味なのかなと私は捉えました。

 

俎上の鯉は二度跳ねるの意味として、

相手の思いに任せるしかないけど、それでも何度か、、もがいてみる(抵抗してみる)

 

というように私は解釈しましたがみなさんはどうでしょうか?

作品を読んで確認してみてくださいね!

 

U-NEXT初回特典の600ポイントで漫画「俎上の鯉は二度跳ねる」無料で見られます!

▼ 31日間無料トライアル実施中! ▼
期間内に解約すれば金額0円!!

無料で「俎上の鯉は二度跳ねる」を見るはこちら

 

U-NEXT解約・退会方法はこちら

U-NEXT解約方法はこちら

 

「俎上の鯉は二度跳ねる」映画化!映画タイトルは?

漫画「俎上の鯉は二度跳ねる」が、映画化されて2020年6月5日全国公開されます。

映画のタイトルは「窮鼠はチーズの夢を見る」。

 

漫画【窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る】と、その続編の漫画【俎上(そじょう)の鯉は二度跳ねる】ふたつが合わさった映画内容になります。

 

主演:大倉 忠義さん(関ジャニ∞)

   成田 凌さん

人気の高いお二人方がどのように、この原作の世界観を出してくれるのかが楽しみです!

【窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る】

 

 

「俎上の鯉は二度跳ねる」漫画目次

『NIGHTY Judy』という雑誌に連載してた時の3つのタイトルと描きおろし1つからなる漫画が1冊にまとめられた作品です。

 

第1章, 憂鬱バタフライ

第2章, 黒猫、あくびをする

第3章, 梟

第4章, 俎上の鯉は二度跳ねる

 

「俎上の鯉は二度跳ねる」漫画あらすじネタバレ

漫画【俎上(そじょう)の鯉は二度跳ねる】は漫画【窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る】の続編なので、先に【窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る】のネタバレを読んでおくとスムーズに話が分かると思います。

【窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る】のネタバレまとめはこちら!↓

窮鼠はチーズの夢を見る
窮鼠はチーズの夢を見る漫画原作ネタバレ!濃厚ラブシーンの感想も!

  2020年の6月5日より全国の映画館にて公開される【窮鼠はチーズの夢を見る】。 ※新型コロナウイルスにより ...

続きを見る

 

第1章:憂鬱バタフライ

恭一の大学時代の後輩の今ヶ瀬は実はゲイであり、執念深く恭一に片思いし続けていた。

 

今まで恭一は自分を好きになってくれた女性と付き合う という恋愛をしてきたのに,

まさかの同性!?

ましてや男と肉体関係なんてありえない!と思っていたが、今は行き着くところまで行って、、はや半年が経っていた。

 

自分が一生、経験するはずのなかった「女性の立場」を知った事で '相手のものにされたという快楽' を知った。

恭一は、今ヶ瀬に大事にしてもらっている日々が妙に平和で順調で だから時々余計に不安に思っていた。

"男とメデタシメデタシで人生締めくくるつもりか?!

それが自分の目指したゴールだと思っているのか?" と。

 

恭一は会社で女の子の体を見てホッとし、ホッとする自分にもホッとしていた。

今ヶ瀬との事は一時の不思議体験みたいなもので、まだ「ゲイ、仲間」の世界に入ってないんだと改めて感じている様子。

 

今ヶ瀬の誕生日様にサプライズでヴィンテージのワインを買って帰った恭一。

"飲んだらなくなっちゃうから開けない" と言う今ヶ瀬に "だったら来年またあげるから" という恭一の言葉を聞いて嬉しさを隠せない今ヶ瀬。

 

今ヶ瀬の誕生日当日の朝、突然の訪問者。

恭一の会社の部下 岡村たまきが恭一が会社に忘れた書類を届けにきたのだ。

 

"あの人の彼女?" と、今ヶ瀬。

"「恋人はいない」ってご自分で仰ってましたよ!" とたまき。

 

今ヶ瀬が たまきの書類を奪い取って部屋に戻り、恭一にたまきが来たことを伝えると恭一は慌てて たまきを追いかけ家から出て行った。

 

その後、帰ってきた恭一と今ヶ瀬は誕生日のお祝いに外食に出かけた。

"あの子は絶対貴方に気がある 貴方だってうすうす気づいてるだろうし、満更でもないでしょ? 今日だって彼女を誘ってあげれば…別に俺は貴方の恋人でもなんでもないから" と今ヶ瀬。

 

"彼女は何でもないよ 俺が好きでお前とメシ食ってるんだ ガタガタ言うなよ" と返す恭一。

 

恭一は今ヶ瀬に、俺に恋愛感情があるのか?それとも恋人ごっこをしてくれてるのか?と聞かれるがすぐには答えられなかった。

 

仕事帰り中に、たまきが会社の常務と腕を組んで歩いているのを見た恭一は気持ちが冷めていくのを感じた。(傷心しているような感じ)

 

今ヶ瀬が家に帰ってきて、'たまきが不倫している'と話す恭一に対して今ヶ瀬は  "それで傷ついて自分を愛してると確信が持てる俺の事を待ってたの? 俺も貴方に滅茶苦茶に抱いてもらえる身分になりたい" とカッとなった今ヶ瀬は出て行こうとする。

 

"貴方はいずれは女のものになる人。だからこそ俺は貴方の中で、たった一人の男になる。それだけが俺の心を守る縁(よすが)なんです"と今ヶ瀬。

 

"俺のできることで精一杯返して今ヶ瀬と対等になれたら… "と恭一。

 

"学生時代なんかと比べようもない程、惚れてしまったのに、、こんな関係、俺が「欲しい」というのをやめたら今すぐ終わってしまう。" と言う今ヶ瀬に "対等っていうのは同じ重さの気持ちを持ちたいって意味だよ おいで" と返す恭一。

 

二人は激しく行為に及ぶ。

 

"縛られて抱かれたいのは今ヶ瀬の方じゃないのか? 俺はこの関係に責任を取らなくていいのか?"

と恭一はネクタイで縛られた腕を見ながら思っている。

 

朝、出勤する恭一に今ヶ瀬は

"貴方と俺は きっとうまくやっていけますよ -もうしばらくは" と言って いってらっしゃいのキスをした。

それに対して恭一もキスを返す。

 

その後出勤してきた恭一を見て、たまきは 'いつもの100倍カッコ良かった'と感じている。

 

U-NEXT初回特典の600ポイントで漫画「俎上の鯉は二度跳ねる」無料で見られます!

▼ 31日間無料トライアル実施中! ▼
期間内に解約すれば金額0円!!

無料で「俎上の鯉は二度跳ねる」を見るはこちら

 

U-NEXT解約・退会方法はこちら

U-NEXT解約方法はこちら

 

 

第2章:黒猫、あくびをする

部屋でパソコンで作業している恭一を背中ごしに見ながら今ヶ瀬は盛大な妄想にふけっている。

 

"俺が女だったらフツーの主婦になれたのにな"

家事をしたり、子供は女の子がいいな などなど。

 

恭一はよく気がついてくれるからやりがいがある!

そう思っていたら現実で 、"冷蔵庫 掃除してくれたんだ、ありがとう"って恭一に言われ照れている今ヶ瀬がいる。

 

 第3章:梟

"忘れ物はないですか?夕飯うちで食べますか?俺のこと愛してますか?" と聞く今ヶ瀬に何も答えられない恭一。

 

恭一は今ヶ瀬との関係について、都合が良くって心地良すぎて これが愛なのかどうか判別がつかない。

自分を満足させてくれる相手を手放したくないと思うのは自分のエゴに過ぎないし、ましてや同性愛者の男がどれくらい男を愛するものなのか知らない…と思っている。

 

急に常務に呼び出された恭一は、岡村たまきが実は常務の不倫相手の子供であることを聞かされる。

そして、常務にたまきと付き合ってみないか?父親として娘を応援したい。と言われてしまった。

 

恭一はたまきに誘われて、たまきの女友達を含めた3人で食事に行くことになり3人で会社から出たら今ヶ瀬が恭一の帰りを待ち伏せしていた。

食事は4人で行く事になった。

 

たまきの女友達からどんな人と付き合っているのか気になる!と言われた今ヶ瀬は "付き合ってる人はいないよ" と答えた。

 

それを聞いて恭一はドキン と胸を打つものがあった。

 

"自分が勝手に入れあげて押しかけまくっている相手ならいるけどね。"と今ヶ瀬は話しを続けた。

 

その人は周りにすごく気を遣って良い人をやってるから、俺にだけはすごく酷いことをして欲しい。

その人のものとして好きにされたい。

"俺、今 生涯最初で最後の本気の恋に身を投じている"

と 今ヶ瀬。

 

家に帰り、今ヶ瀬は明日から出張に行く話をするも恭一は上の空。

食事の席でさえ、自分の話は聞かずに たまきばかり見ていたんでしょう?と今ヶ瀬は嫉妬が爆発している。

 

"好きです …お願い… …一度だけでいいから俺の中にください 目をつむって…彼女のこと思い浮かべてもいいから "と今ヶ瀬は恭一の上に乗り恭一のものを自分に挿入した。

 

恭一は、その気持ち良さに挿入したまま体勢を変え今ヶ瀬の上に乗り行為を続けた。

 

行為後に2人でお風呂に入っていると今ヶ瀬が

 

大学時代は貴方に啄(ついば)まれたり、噛まれたり、弄(もてあそ)ばれたりしたかったけど、絶対に叶わないことだと思っていた。

"お願いです 俺がどんなに「だめ」って言っても…やめないで……!" と今ヶ瀬。

 

どんな扱いをしても今ヶ瀬は俺を愛しているが、俺は今ヶ瀬を愛しているだろうか?

今ヶ瀬との行為、持て余すようないとおしさ、信頼感がそれなのか?

今ヶ瀬を満たしてやれないなら、どんなに熱くなろうと自分にとって心地いいだけの自己満足だ。

 

 

突然、たまきの父である恭一の会社の常務が急死した。

悲しみにくれている たまきを抱きしめる恭一。

 

家に帰りお風呂に入りに行った恭一の携帯の中を見ようとする今ヶ瀬だが、無防備だった恭一の携帯にロックがかかっていた。

まさかと思って入力した自分の誕生日がビンゴだった事に今ヶ瀬は、かなりこたえている。。

 

"自分の誕生日を鍵にして彼女のメールを隠された俺の気持ちがわかりますか? 貴方は俺が邪魔になったんですよ…!" と今ヶ瀬。

 

彼女とは何もない!!何もしてない!と言い続ける恭一の声は今ヶ瀬には届いていない様。

 

潮時。来れるところまで来れた…でも もうここまで。

これ以上先、貴方と行ける場所なんて どこにもない 行き止まりまで来た。

"貴方には俺じゃだめだし、俺も貴方じゃだめです もう終わりにしましょう" と今ヶ瀬。

 

今ヶ瀬が自分の何倍もキツイ思いをしてこの関係を保っていた事は知っていたし、ずっと苦しかっただろうと思い返している恭一。

 

"ーそうだな お前がだめだと言うなら だめだろう 終わりにしよう" と恭一は今ヶ瀬にそう答えた。

 

今ヶ瀬は泣いた。

 

最後に二人で朝日を見ましょう…朝が来たら俺と貴方の関係を完全に終わりにする。という今ヶ瀬の言う通り2人はドライブに出かける。

 

ドライブの間、静寂を恐れるみたいに今ヶ瀬は饒舌に喋っていた。

"貴方は、一緒にいるだけで その場の空気を心地よくしてくれる人。自分のこと もっと信じてください。"と今ヶ瀬。

 

"…ごめん 本当に………ありがとう……"と恭一。

 

その後泣きながら "ーあぁ…本当に好きだったな…"とつぶやく今ヶ瀬。。

 

帰りの車の中では行きとは対照的にお互いに一言も口をきかず、部屋に着くと今ヶ瀬は荷物をまとめ短い挨拶をして出て行った。

 

こうして今ヶ瀬とのことはあっけなく過去のものになった。

 

別れた今ヶ瀬との事を思い、涙している恭一に "あなたの隣に空いた席に滑り込みたいと本気で考えている"と たまきに言われ恭一は たまきを心のより所にしていく。

 

恭一の部屋に来た たまきは灰皿に気づき、恭一にタバコを吸うのかと聞くとそれは出てったやつがこれだけは置いていかせてくれと言ったもの。と答えた。

"そんなものなくても忘れるわけないのに 恋人だった 好きだったんだ " と話を続けた恭一。

 

'神様が本当にいるのなら、大切な たった一人の俺の男をどうか どうか 幸せにしてやってください' と恭一は願う。

 

U-NEXT初回特典の600ポイントで漫画「俎上の鯉は二度跳ねる」無料で見られます!

▼ 31日間無料トライアル実施中! ▼
期間内に解約すれば金額0円!!

無料で「俎上の鯉は二度跳ねる」を見るはこちら

 

U-NEXT解約・退会方法はこちら

U-NEXT解約方法はこちら

 

 

第4章:俎上の鯉は二度跳ねる

恭一は、たまきと付き合い始めた。

 

ある日デート中に たまきが、恭一に前に付き合っていた人の話を聞きたいと言ってきた。

 

一番好きだった所は、俺のことをものすごく好きになってくれたところ。“貴方じゃだめだ” って言われて あっさり終わった。

俺の気持ちじゃ結局どうやっても釣り合わなかったんだよ。 と恭一。

 

その人と、もしまた会えたらどうしますか?と たまき。

 

会いたくないよ と恭一。

 

たまきが、"今度うちの母に会ってほしい"と言ってきた事に対して恭一も"今度お母さんに挨拶に行かせて欲しい"と返した。

 

恭一の部屋で一緒に過ごしている たまきの携帯が鳴った。2ヶ月前から、非通知の無言電話や時々郵便受けに変な物が入れられたり、家の近くで跡をつけられている気がすると話す たまき。

 

この程度のことで取り合ってくれるか分からないから警察には相談してない。

でも気持ち悪いし何かあってからじゃ遅いと思って今ヶ瀬さんに相談したら親身に相談に乗ってくれて今 、今ヶ瀬さんの所で調査してもらっているんです。と たまき。

 

"…今ヶ瀬は……元気?"と恭一。

 

はい すごく良くして頂いています。

今ヶ瀬さんにも聞かれましたよ。恭一さんは元気かって。と たまき。

 

'ー今ヶ瀬 こんなに近くにいたなんて…'

 

恭一は満月を見上げながら、今ヶ瀬の事を考えている。

 

"今ヶ瀬 今日は寒いよ お前の髪を撫でてやりたい"

 

同性愛者の男ならもっと愛してやれる。

自分なんかの想像が及ばないくらい強く、深く…。

そんな複雑な感情をぶつけるかのように恭一はたまきを押し倒し強引に挿入した。

 

今ヶ瀬はたまきの依頼調査の対象者を尾行していた。

そこで婦人科から出て来た たまきを見かけた。

 

対象者がたまきと接触すると思い今ヶ瀬は たまきに連絡をするが話しをしている途中で会話がとぎれた。

 

今ヶ瀬が探し回っていると建物から出てくる対象者を見つけその場に行ってみるとたまきは階段から落ちて動けずにいた。そんな状況を見て今ヶ瀬も動けずに立ちつくしていた。

 

病院に駆けつけた恭一に軽い怪我で済み、今ヶ瀬が駆けつけてくれた事、ストーカーも捕まった事を話す たまき。

 

病室を出た恭一は今ヶ瀬がいるのに気付く。

恭一と今ヶ瀬は2人で恭一の部屋で話す事になった。

 

今ヶ瀬が誤解したたまきの妊娠が違う事。

恭一は、たまきと結婚するであろう事。

今ヶ瀬は他の男がもう生理的に受け付けられない事。

恭一の事を思い出さないように時間を埋め尽くしていた事。

恭一の名前が思い出せなくなった事…。

俺からその名前だけは取り上げないでくださいと心の底から神様に祈った事… …。

 

"俺を愛人にしてもらえませんか?"と今ヶ瀬。

 

俺が今ヶ瀬の望む事を全部してやって、言って欲しい言葉を全部言ってあげたとして、それでお前は満足し、安心できるのか?俺にはもうこれ以上どうもしてやれない。と恭一。

 

俺がどんな思いでいたかなんてゲイのお前には絶対分からない。

わかられてたまるか もううんざりだよ。

などと散々言われた今ヶ瀬はボロボロと泣き始めた。

 

その時今ヶ瀬は、家を出る時に置いて行った自分の灰皿がまだ残されたままになっているのを見つけた。

 

それを見て今ヶ瀬の涙は引いていった。

 

いい愛人になれると思うけどなという今ヶ瀬に、いらないよ そんなもの という恭一。

 

"貴方のせいで 俺は他の全部を失った、いくらでも他の道があったのに。…俺は貴方が…死ぬほど好きなんです……"と今ヶ瀬。

それに対して "知ってる……" と返す恭一。

 

今ヶ瀬が 満足しました、帰ります。最後にハグしてくれませんか?

それで本当に最後にしますから と言うも恭一は動かない。

 

俺がどこまで貴方に本気で縋(すが)れるか試してたんでしょ?これ以上 何を言わせたいんですか?と言う今ヶ瀬に 案外つまんない事しか言わなかったな それで最後か?と恭一。

 

だったら何も考えないで俺のこと欲しいって思ってください!力ずくで朝まで無理矢理抱いて引き止めてくださいよ!!

あんたなんかと関わっていたら時間の無駄だ!あんたのことなんか全部忘れてもっとマシな人生やり直します!全部捨ててやる!さようなら!お元気で!と啖呵切って部屋から出て行こうとする今ヶ瀬。

 

今ヶ瀬の腕を掴み恭一は強引にキスをし、今ヶ瀬を持ち上げベッドに運び、今ヶ瀬のズボンを無理矢理下ろして自分ものを今ヶ瀬に挿入した。'ー離したくないという欲のかたまりのなかでー'

行為が終わって眠っている恭一に今ヶ瀬は、"よその猫にマーキングされまくったままじゃオスとして黙ってられない"と言いながら今度は自分のものを恭一に挿入した。

 

行為後、"これからどうしよう…"という今ヶ瀬に恭一は今ヶ瀬の頭を撫でながら "おまえは……可愛いね…"と返し、二人は抱きしめあった。

 

"仕事でへこんで帰る日は俺が帰る家に恭一がいたら何だって耐えられるのにって思ったりする。

だから、彼女と別れてください"と言う今ヶ瀬に "別れる明日。"と答える恭一。

 

恭一は確信していた。もう一度会ったら俺は完全におちる。今ヶ瀬にと。

 

朝、たまきの病院に向かおうとする恭一に今ヶ瀬が、本当に彼女と別れるつもりなのか?自分は愛人でいいのに と聞くと恭一は お前は俺に何を望んでる?安心して穏やかに暮らせる未来?それとも刹那的に貪(むさぼ)れる目先の快楽か?と言った。

 

"両方なくても良い、俺は貴方との絆が欲しい 俺には貴方いるって思いたい" と今ヶ瀬は答えた。

 

ここで大人しく待っててと家に今ヶ瀬を残し恭一は病院に向かった。ー俺も今ヶ瀬との絆が欲しいー

 

たまきの病室に着き恭一は たまきに別れを切り出す。

その間も不安で苦しくてなっている今ヶ瀬。

 

俺は本当にたまきが好きで、このままやっていくつもりだった (前の相手が戻ってきた)昨日までは…と恭一。

 

だったら別れるまで待ってます とたまき。

黙ったままの恭一。

 

不安に耐えられずに部屋を出て行く今ヶ瀬。

 

人のものを取ることはできるけど必ず報いも受ける いつかこんな事になるんじゃないかってわかってました。

恭一さんはずっと前の人のものだった とたまき。

 

どうにもできなくて…ごめん…と恭一。

 

 

恭一が家に帰ると部屋に今ヶ瀬はおらず、紙袋に入った今ヶ瀬の灰皿がごみ箱に捨ててあった。

 

お前の望む通りいくらしてやっても お前の答えは結局これか… こうやって終わるんだ こうやって…と、そんな事を考えていた恭一だったが何かを決意した様子で雪の中バス停で立ち尽くす今ヶ瀬を恭一は見つけ、ちゃんと別れてきた事を告げる。

 

バカじゃないですか?今すぐ撤回してきて! やっぱり俺には無理! “貴方じゃだめだ!!”と今ヶ瀬。

 

“俺とやってく気がないのか!“男ならいい加減腹くくれよ こっちはもうとっくにくくったぞ 。と恭一。

 

男らしいな 惚れました と今ヶ瀬。

 

今ヶ瀬が「俺じゃだめだ」と今度また言ったらもう追っかけない 本当に終わりにする。

本気だよ その方がお互いのためだと言う恭一。

 

愛の言葉は難しい、お前にはきっと俺の気持ちは永遠に伝わらないだろう…

今ヶ瀬はいずれこの関係を疲弊しきって投げ出すだろう。それでも良い。

俺はお前の背中を見送り、この恋の死を看取る そこまでの死出の道を一つでも多くの花で飾ってあげよう。

俺に出来ることはそれくらいしかないからと思いながら。

 

これからどうする? 何かの証くらいにはなるように指輪を買おうと恭一が言った。

 

じゃあ俺にも貴方の指輪を買わせてください。何かのお守りくらいにはなるでしょうと今ヶ瀬は答えた。

 

「俎上の鯉は二度跳ねる」漫画ネタバレまとめ

恭一と今ヶ瀬の恋模様いかがでしたか?

 

恭一の今ヶ瀬の事を思うあまり、身を引こうとするところ。

今ヶ瀬の恭一の事を思うあまり、自分が壊れてしまうんじゃないかと強く当たってしまうところ。

 

切なすぎる恋模様がたくさんありました!

感情移入し過ぎて泣きながら読んでしまいました!!

 

映画でもこの切ない恭一と今ヶ瀬の恋模様がどう描かれているのか楽しみですね!

 

U-NEXT初回特典の600ポイントで漫画「俎上の鯉は二度跳ねる」無料で見られます!

▼ 31日間無料トライアル実施中! ▼
期間内に解約すれば金額0円!!

無料で「俎上の鯉は二度跳ねる」を見るはこちら

 

U-NEXT解約・退会方法はこちら

U-NEXT解約方法はこちら

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事も読まれています

無料音源 1

この記事では ポイント ・無料の音源サイト(8サイト) ・有料の音源サイト(6サイト) をご紹介していきます。 &nbs ...

-漫画

© 2020 トレンドブログ