芸能人

矢野奨吾が不評?演技やキャラの口コミは?これまでの経歴(学歴)を調査!

矢野奨吾が不評?演技やキャラの口コミは?これまでの経歴(学歴)を調査!

矢野奨吾が不評?演技やキャラの口コミは?これまでの経歴(学歴)を調査!について詳しくお伝えしていきます。

俳優、そして声優として活躍中の矢野奨吾さん。

「不評」とも検索されているようですが、原因は一体どこにあるのでしょうか。

調べていくうちに、いくつかの説が浮上しました。

本当は、矢野奨吾さんは多才で、ファンが着々と増えてきている実力派声優なんです!

この記事ではそんな矢野奨吾さんにまつわるエピソードや評判、経歴などを、口コミとともに詳しくご紹介します♪

矢野奨吾が不評?プロフィール

生年月日:1989年3月19日
出身地:徳島県
身長:174cm
体重:60kg
所属事務所:劇団スーパー・エキセントリック・シアター(以下「SET」という。)
趣味:映画や舞台の鑑賞
特技:アクロバット・アクション(勉強中)

所属事務所のSETは、コメディアンや俳優として活躍している三宅裕司さんが、1979年に旗揚げした劇団です。

岸谷五朗さんや寺脇康文さんなど多くの著名人を輩出しており、上演される公演はとても人気があります。

また、映画や舞台を鑑賞することが好きとのことで、実際に他の舞台俳優さんのTwitter投稿に登場することもあります♪

 

矢野奨吾が不評?

徹底的に調べ尽くしましたが、矢野奨吾さんの演技が不評という情報は一切見つかりませんでした。

しかし中には、トークが面白くない、歌も演技も特別上手いとは思わないという否定的なコメントをしている人がいます。

 

また、矢野奨吾さんに関連して不評だった作品がありました。

テレビアニメ「遊☆戯☆王ARC-V」、なんと矢野奨吾さんのアニメ声優としてのデビュー作品です。

 

この作品は3年間続いたのですが、2年目からは話が進むごとにつまらなくなり、序盤でハマっていた視聴者たちの不満が爆発。

最終回まであと4話というところで一度は名誉挽回したものの、最終回で再び評判が地に落ち、大炎上したまま終わってしまいました。

もしかすると、この辺りが関係して「不評」という言葉が出てきたのかもしれませんね。

矢野奨吾の口コミは?

矢野奨吾さんは、なんとダンスもとても上手いんです!

所属事務所の公式プロフィールに、特技はアクロバット・アクションと書いています。

勉強中と書いてありますが、身体を動かすのは得意だということがわかりますね♪

また、キャラクターを大事にした歌い方が上手な矢野奨吾さん。

その歌唱力もなかなかのもので、ファンの間では「高音がとても綺麗」と評価されています。

矢野奨吾経歴(学歴)

矢野奨吾さんのFacebookを覗いてみると、徳島市立高等学校を卒業後、法政大学に進学していました!

市ヶ谷キャンパスで演劇研究会に所属していたそうで、インターネット上には、当時の公演情報がまだ残されています。

このインタビュー内では、高校を卒業後に一年間浪人したとおっしゃっています。

この頃は、声優だけでなくアナウンサーにも憧れていたそうで、同じ法政大学出身でテレビ大分のアナウンサー・藤村晃輝さんとも仲がいいようです。

矢野奨吾さんが声優に興味を持ったきっかけは、テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」。

女性の声優さんが少年の声を演じていることに、かなり衝撃を受けたそうです!

 

そして大学を卒業した後は、SET附属の俳優養成所に入所。

2013年に、養成所の卒業公演「TIME」に出演しました。

養成所の卒業後も、そのままSETに所属しています。

 

俳優としての主な出演作品は、2014年のテレビドラマ『失恋ショコラティエ』です。

なんと人気女優・有村架純さんの妄想彼氏役として出演しています!

残念ながら顔にはモザイクがかけられているのですが、矢野奨吾さんのファンの間では「上半身裸の矢野奨吾さんが見られる!」と話題になりました。

 

声優デビューを果たしたのは2014年で、『遊☆戯☆王ARC-V』沢渡シンゴ役を務めました。

さらに、2016年以降は『アイドルマスターSideM』で、子役からアイドルになった岡村直央を担当しています。

遊戯王のころとは違う役どころで、かわいらしい声も演じられることが注目されて着々とファンを増やしていきました。

 

そして2019年のテレビアニメ『ギヴン』でついに初主演を果たし、矢野奨吾さんの演技力や歌の上手さがさらに注目されるようになりました。

『ギヴン』はノイタミナ初、BLコミック原作のアニメ作品です。

2020年春には映画化、そして2021年には実写ドラマ化されるほど、ストーリーや人間関係の描き方がとても高く評価されています。

 

それから、2020年からはドラマCD『Paradox Live(通称パラライ)』で円山玲央役を担当し、HIPHOPにも挑戦しています!

また、同年には声優アワードで新人男優賞を受賞し、それ以降次々とメインキャラクターを担当するようになりました。

矢野奨吾さんの他の出演作品は、以下の通りです。

『七つの大罪』ソラシド/サリエル、プオーラなど(2018~2021年)
『ツルネ ―風舞高校弓道部―』 如月七緒(2018~2019年)
『number24』日高拓海(2020年)
『美少年探偵団』足利飆太(2021年)
『ヴィジュアルプリズン』ジャック・ムートン(2021年)
『群青のファンファーレ』有村優(2022年)

矢野奨吾が不評?演技やキャラの口コミは?これまでの経歴(学歴)を調査!まとめ

地声とキャラクターの声とのギャップ、どんどんレベルアップしている歌声。

そしてなによりも、俳優時代から鍛えられている素晴らしい演技力!

不評ということはなく、むしろ評価の高い声優さんであることが分かりました。

矢野奨吾さんは、他の声優さんたちに負けず劣らず魅力的だということ、今回の記事でお伝えできていれば幸いです。

これからも矢野奨吾さんが活躍していけるよう、ぜひ一緒に応援していきましょう!

この記事も読まれています

ストレングスファインダー 1

皆さんは自分の強みが何かすぐに伝えることができますか? 正直、私は「自分の強み」が何なのか答えることができません。 仮、 ...

無料音源 2

この記事では ポイント ・無料の音源サイト(8サイト) ・有料の音源サイト(6サイト) をご紹介していきます。 &nbs ...

-芸能人